banner

看板代わりののぼり旗

bannerのぼり旗も看板も広告の手段として使われるものです。

どちらも大変に歴史が古いものですが、成り立ちが違います。
のぼり旗は戦場を駆け巡った武将が自分の存在を敵や味方に
知らせるために使ったのが起源と言えます。

banner


武将は戦場で目立つことによって、
勲功を得ることができるため、
宣伝効果のある派手なのぼり旗が必要だったのです。
のぼり旗は古来から宣伝用の道具として使われていて、
昔も今も変わっていないのです。
一方、看板は商家に飾り、屋号を宣伝したものです。

江戸時代には個性的で洒落のきいたデザインの屋号紋を描いて
客を引き寄せました。

看板の良さは、その迫力と重量感です。
のぼり旗は取り外しが簡単で、
デザインの変更もすばやく行える利点があります。

店のファサードには大きな看板があったほうが目立ち、
客にとってもどんな店なのかをすぐに認識できます。

客の側の心理からすると、
のぼり旗がいくつも立てられている店ではイベントや、
特売セールをしているのではないかという期待感が湧くものですから、
集客のためにとても有効な道具となります。

どちらも古くからのものを調べてみると、
さまざまなデザインで視覚効果を狙っています。
扱う商品やサービスによって、そのイメージというのは変わってきます。

のぼりは足を止めてじっくり読み込むようなものではありませんから、
一瞬で見てわかるように効果的に宣伝をしていきましょう。

 

Copyright(c)のぼり旗・横断幕や横断幕について考える. All Rights Reserved.